予防歯科

予防歯科について

予防歯科とは

歯を失う原因

歯を失う原因の約9割はむし歯と歯周病と言われています。しかし、事前に正しい知識を身につけ、自身の口腔内環境を理解することで未然に防ぐことが可能なのです。

口腔の健康は全身にも大きな影響を与えていることがさまざまな研究から明らかになってきました。
メインテナンスで口腔内を健康にするとともに心も体も健康にしましょう。

本来の予防歯科の目的

“一生涯自分の歯で食べて話して笑い、毎日楽しく過ごせること”と私たちは考えています。
しかし…残念ながら、歯科で定期的にケアを受けるだけでは本来の予防歯科 の目的を達成できません。現在の口腔内に至った原因を調べその予防策を立てます。歯を失わないように治療だけでなく今の口腔内に合ったセルフケア(予防策)を学ぶことはとても重要です。また、セルフケアが実践され、上手く継続されているか歯科衛生士(専門家)にチェックしてもらうことも必要となります。

それが歯を良い状態で一生涯保つ唯一の方法であり、いわゆる本来の予防歯科の考え方です。

現在の日本は、歯科医師を増やし治療中心の医療にシフトした日本国民の口腔内は、予防中心の先進国スウェーデンなどと比べると約20倍の速度で歯を失い、なんと80歳では半分の人が総義歯になってしまいました。

スウェーデンではきちんと予防を続けた人はむし歯や歯周病で歯を失う事は稀なことだと、データでも証明されています。
当院では、患者さん一人ひとりのむし歯と歯周病の原因を突き止め、それぞれに合った予防プログラムや治療を立案し提供させていただきます。

一生涯歯を守れる環境づくり

そして予防に勝る治療はありません。いくらむし歯や歯周病の治療を行っても、口腔内にその原因が残っている状態では、また同じように再発を繰り返してしまいます。

当院では、治療の繰り返しを防ぐため口腔内の環境改善・原因の除去を行った後でないと、歯を削る治療は行いません。

(緊急の場合を除く)まずは歯科衛生士と一緒に口腔内の環境改善・原因除去を行っていきませんか?むし歯や歯周病の原因が残っていては治療が永遠と続きます。急ぐのは治療ではなく原因を取り除くことです。

予防歯科の重要性

定期的なメインテナンス(定期検診)を受けていれば、自分の歯を長く維持できます。Axelsson教授(スウェーデン)の30年におよぶ研究で証明した論文が2004年に発表されました。

全ての歯が揃っている人はわずか10%程度で、20本以下の人も多くいました。一方、右側のグラフは、研究開始時点で21〜35歳だった人々がメインテナンスを30年間受け、2002年に51〜65歳になったときの歯の本数の分布です。40%近くの人が28本全ての歯を保ち、20本以下の人はほとんどいません。

このように、たとえ治療が終わっても十分なメインテナンスを怠っては再発する恐れも。痛みを感じたときには、その多くがかなり進行した状態です。定期検診を行うことで虫歯や歯周病を未然に防ぎ、生涯にわたって健康な歯を維持することができます。

定期健診について

歯を治療するだけではなく、二度とむし歯や歯周病にならない予防歯科が大事です。
歯のクリーニングを歯科医院で行うことで、予防歯科を行えますので、是非通って下さい。

歯のクリーニングとは普段の歯みがきでは落としきれない、歯垢や歯石を除去します。歯の表面の虫歯の原因になる膜もキレイに除去しますのでスッキリして、むし歯や歯周病を予防できます。ただ、定期的に続けることが大事です。

歯のクリーニング

歯科医師と歯科衛生士、歯科助手一同が力を合わせて患者さんの口腔環境の向上を目指して、日々、歯のクリーニングの提供に力を入れております。

歯のクリーニングは、あらゆるお口のトラブルを予防し、また症状の悪化を食い止める上で重要です。

歯のクリーニングだけをしてほしいという方にも、よくご来院いただいております。

※もちろん、日常的なブラッシングのやり方についてもご不明な点があれば、いつでもアドバイスをさせていただきます。どうぞお気軽にお越しください。

きれいで健康な歯の維持

現在では、歯科衛生士がクリーニングの具体的な方法をお教えすることは当たり前のこととなっていますし、以前と比べ、進歩した歯ブラシをはじめ効果の高いデンタルケア用品も豊富に出回っていますが、それでも、日常的なブラッシングだけですべてを間に合わせることが可能だとはいえません。

多忙なために
「思ったほどブラッシングができない」というケースもあるでしょうし、歯並び等の状態が原因で、慢性的な磨き残しが出てきてしまうこともよくあるケースです。

歯科医院での定期的な歯のクリーニングは、こうした課題を解決する上でとても貢献度が高く、当院でも多くの方におすすめしております。

PMTCについて

PMTCとは、歯科医院専門機材を組み合わせて、歯と歯の隙間のクリーニングを行う方法です。

※しかし、歯を削ったり切開したりすることはまったくありません。
痛みもありませんし、歯の自然な白さを引き出す上では大いに有効です。

歯のクリーニングで期待できる「歯の白さ」には限界があることは事実です。もともと日本人の歯は、健康な状態でも真っ白にはなりません。

輝くような白さをご所望の場合は、ホワイトニング、審美歯科による診療が必要となります。
(もちろん、ご希望があればいつでもお問い合わせください)

PMTCの特徴

PMTCには数多くのメリットがありますが、特に、予防歯科の成果を引き出しやすいという点に注目しております。

実は、通常の歯磨きで落とせる汚れと落とせない汚れがあることをご存じでしょうか?口の中には、「バイオフィルム」という、家庭用の歯ブラシや歯磨き粉だけでは対処できない汚れがあります。

このバイオフィルムは虫歯菌や歯周病菌の格好の住処であり、放置しておくとどんどん口の中で広がっていきます。

PMTCはバイオフィルムの除去におおいに有効な方法なのです。
PMTC法によるクリーニングをお受けいただくと、落としにくい歯石のほかにバイオフィルムもスムーズに取り除けます。

また、歯の自然な白さを保ちやすいという点や爽快感を感じられる点も、たくさんの患者さんに評価していただいております。

定期的な歯のクリーニングは効果的

何らかの治療が完全に終わったあとでも、クリーニングをお受けいただくことで、口の中の浄化のほかに、経過が順調かどうかをチェックする格好の機会となります。

歯の病気やトラブルを予防するという意味でも、定期的な歯のクリーニングは効果的です。
「定期健診」として、むし歯・歯周病の予防に取組んでおります。

まずは当院までいらして、ご相談ください。予防歯科に関しても色々とお話をした上で、実施いただければと思っています。

定期検診と予防歯科について

定期検診は定期的に検診を行い、早期発見早期治療を行うことを目的としています。予防歯科診療は治療に介入することを防ぐ、ことを目的としています。

当院は予防歯科診療を行うことが望ましいと考えているため、患者様とその考え方を共有できたら、そのために来ていただくペースをご相談させていただいております。

定期健診はどのくらいのペースで通うのが良いのか

歯の状況によって異なります。また10年後、20年後どうありたいかによっても変わると思います。お話をお伺いし、そのためにどうした方が良いのか?何ができそうか?ご相談できたらと思います。

上に戻る