矯正歯科

矯正歯科について

当院の小児矯正歯科

子どもの歯並びが心配!
歯並び矯正治療はいつから始めるといいの!?

こんな方にオススメ

前歯が生え変わり始めているが、歯が重なっている・ズレているように感じる方
乳歯にすき間が無く、大人の歯が生えるスペースが明らかに足りないと思われる方
矯正は必要に思うが、できるだけ子どもにつらい思いをさせたくないと思われる方
できるだけ歯にダメージが無く、成長や健康にとってより良い矯正治療を受けたい方

原因から歯並びを改善することで、
より短期間に、より良い歯並び・顔つき・健康な成長を得ることができます。
呼吸・飲み込み方・姿勢などの不正歯列の原因を、子ども自らが学び改善していくことで、歯並びだけではなくより良い成長と健康を目指します。

いいだ歯科クリニックは正規加盟医院としてマイオブレースによる小児矯正を実施しています。

なぜ歯並びは
悪くなってしまうのか?

お子さまに、こんなことありませんか?一つでも当てはまれば注意が必要です。

  • 口やくちびるが開いていることがある
  • 口呼吸をすることが多い
  • よだれが出やすい
  • くちびるが乾燥しやすい
  • 鼻がつまりやすい
  • 口臭がすることが多い
  • 食べるのが上手ではない
  • 食べる時にクチャクチャ音を立てる
  • 口に入れる量が多い
  • 飲み込む時にアゴや口の周りにシワができる
  • 横向き寝やうつぶせで寝ることが多い
  • いびきをかくことが多い
  • 姿勢が悪いことが多い

遺伝よりも大きな原因

  • 静脈内鎮静法下で手術を受ける場合、帰宅時に車・バイク・自転車の運転はできません。車でご来院いただいた場合は、付き添いの方に運転してもらう必要があります。
  • 術後に痛みや腫れがある場合は、痛み止めを服用し、軽く冷やしてください。
  • 処方します抗生物質は途中で服用をやめたりせず、医師の指示に従って服用してください。
  • 喫煙は傷の治りを悪くするため、術後は控えていただきます。
  • 傷口に負担をかけないよう、術後は治療を行った箇所で噛まないようにしてください。
  • インプラント治療が完了したら、メンテナンスにお越しください。インプラントを長く機能させるには、メンテナンスが必要です。また、定期的なメンテナンスが保証を受けるための条件です。

現在、生え変わり時の子ども達5人中4人には歯並びの乱れがあると言われています。 いったいなぜそんない多くの子ども達に歯並びの乱れがあるのでしょうか。

これまで歯並びは遺伝によるものと言われてきましたが、最近の研究によって遺伝よりも生まれてからの口や顎の周りの筋肉の影響が大きいことがわかってきています。 最近では、口が開いていることが多い、口呼吸をする子が多い、姿勢が悪い子が多い、食べ方が下手な子が多い、いびきや睡眠時無呼吸が心配、など口や顎の周りの筋肉に関する心配事が多いようです。

またアレルギーが多く、鼻がよく詰まることも多いようです。 口呼吸や間違った飲み込み方は歯列や顎・顔の成長にとくに大きな影響を与えます。

顎と顔の成長期は早い

上顎の成長期は、脳の成長に合わせて5歳頃にピークを迎えます。その後9歳くらいまでは成長が旺盛とされていますが、その後はあまり大きな成長は見られません。また顔のほとんどは顎の骨によって作られているため、顔の成長は顎の成長と一致します。

早期の改善が効果

歯列や顎・顔の成長の時期に合わせて、不正歯列都なる原因を改善することでより良い成長と導き、良い歯並びやより良い顔に育てることができます。
それはできるだけ早くに取り組むことでより良い結果を生み出すでしょう。

口腔機能である呼吸や飲み込みは、成長や健康だけではなく歯並びや顔つきにも大きく影響します。
いいだ歯科クリニックでは、不正歯列の大きな原因である、口呼吸や間違った飲み込み方、またそれらを悪化させる姿勢について、早期からの支援を行っています。

矯正治療開始の
おすすめの時期

「前歯の生え変わり・交換期(5〜6歳)が開始の時期」、「治療開始は8歳までに」

理由としては、上顎の成長は5歳頃までがピークです。そのため前歯の生え変わり(5〜6歳)の後に自然に治る可能性は低い。
上顎の成長は9歳頃まででほとんど終了します。そのため8歳までに治療を開始ししっかり顎を成長させることが大切。9歳頃以降はブラケットや抜歯矯正が増えます。

小児予防矯正
(マイオブレース)の5つポイント

  1. 顎を成長させて治すため、抜歯や見えるハリガネの装置(ブラケット)の使用は基本的にしない。
  2. そのため子どもが痛みや嫌な思いをしにくい。
  3. 口呼吸や間違った飲み込み方など、歯並びが悪くなる原因(癖)を治すプログラムがある。
  4. 原因を改善させるため、治療後の安定が良い。また健康にも良い影響を期待できる。
  5. 顔のほとんどは顎。そのため顎の成長と筋肉の改善でより良い顔立ちになりやすい。

ご存知ですか?歯並びは遺伝よりも口呼吸や飲み込みなどの癖などで悪くなってしまうのです。

短期間で効果的に、より良い歯並び・顔・健康に育てるための、成長期だけの特別な矯正プログラム「Myobrace(マイオブレース)」を実施しています。

成長期におこなう
小児矯正の特徴

原因から
治していくことができる

歯並びを悪くする原因を改善することで、良い顎や歯並びに成長させます。 また治療後の歯列の安定が良く後戻りを防ぎます。

痛みや苦痛を少なくできる

基本的に抜歯やワイヤーなどの目立つ装置の使用を行いません。

健康により良い

ワイヤー装置を使用しないため歯に対するダメージを無くせます。 また、不正歯列の原因である呼吸・飲み込み方・姿勢などを改善することで成長や将来の健康に良い影響が期待できます。

健康に対する意識が
身につきやすい

治療やトレーニングを通じて自らの健康を守る意識が高まります。不正歯列の原因を理解し治療後も自ら対処することができます。

より良い顔に成長

目から下の顔の骨はほとんどが顎の骨でできています。
顎の成長と顔の周りの筋肉をより良く成長させることは、顔立ちもより良くすることが可能です。

小児予防矯正の流れについて

1.相談

静脈内鎮静法下で手術を受ける場合、帰宅時に車・バイク・自転車の運転はできません。車でご来院いただいた場合は、付き添いの方に運転してもらう必要があります。

2.検査

術後に痛みや腫れがある場合は、痛み止めを服用し、軽く冷やしてください。

3.検査

処方します抗生物質は途中で服用をやめたりせず、医師の指示に従って服用してください。

4.分析・治療計画

分析して計画を立てたものを資料にまとめて説明致します。

5.治療の開始

毎日ご家庭で
●マウスピース型装置の使用
(日中1時間+就寝時)

●2分の練習を2回
月1回の来院時にチェックと指導を行います。

対象年齢 5歳(歯の生え変わりの
始まった頃)〜9歳
最適年齢 5~8歳
治療期間 2年間

上に戻る